外壁塗装の塗り替え時期の目安は?

住宅の外壁でよく使われている窯業系サイディングやモルタル壁は、セメントが主成分となっています。

その為、そのままでは水が染み込むので表面の塗装を行い保護していきます。

塗膜が劣化すると雨風や紫外線により、建物の腐朽が進むので適切なタイミングで塗り替えが必要です。

10年過ぎたら、塗り替えタイミングかも…

外壁塗料の塗り替え目安で注目したいのは、塗料の耐久年数です。

外壁に使われる塗料にはいくつか種類があり、種類により耐久年数が違いますが、8〜15年を過ぎたら塗り替えを考えた方がいいかもしれません。

塗膜の機能が失われると外壁が痛み、建物内に雨水が侵入し家の構造体が傷み、余分なリフォーム費用がかかります。

こんな症状が出たら、塗り替え時期のサイン

耐久年数を書きましたが、日がよく当たる家、湿度が高い場所など環境は様々です。

全て同じ塗料が塗られたとしても、劣化速度が違ってくるので塗り替え時期が変わります。

塗膜劣化のサインで塗り替え時期を知ることができますので、こんな症状があれば塗り替え時期かもしれません

・色あせ

・艶がなくなる

・コケの付着

・チョーキング(外壁に白い粉が露出する)

・クラック(外壁の亀裂・ひび)

・塗膜の浮き・はがれ

上記の症状が現れたら、どんどん外壁がダメージを受けていく為、塗り替える方が良いでしょう。

外壁より紫外線を受ける屋根は更に劣化している可能性がある為、見積もりの際に屋根も見てもらうことをおすすめします。

気になることがございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせは電話、メール、LINEでも承ります。

お気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ

LINEからのお問い合わせ

LINE友達追加